切手の価値を査定してみましょう!

切手にはそれぞれ価値が在ります

切手と言うのは、郵便料金を先に支払っている事を証明する役割が在ります。
例えば、現在の郵便料金は葉書であれば52円、封書で在れば82円が必要になりますが、これらの郵便料金は切手を購入する、そして購入した切手を郵便物に貼り付ける事で郵便料金が先に支払われている事を証明することが出来るようになっています。
そして、郵便料金として利用する場合の切手の価値と言うのは、切手に記載されている額面になりますが、切手収集においては額面を大きく上回る事も在れば、額面を下回るケースも在ります。
しかしながら、切手の価値と言うのは切手を買取りしてくれる専門店での鑑定で決められるものであり、額面を大きく上回るか否かは、鑑定士による査定が必要になります。

切手の査定方法について

切手の査定を受ける場合、切手商と呼ばれている専門店を利用する事でプレミアが付いている切手を高価買取りして貰う事が出来ます。
最近は、ブランド品などを買取りしてくれるお店でも切手を買取りしているケースが多く、何れの場合も切手に精通した鑑定士により価値を見出してくれるので、プレミアが付いている切手が含まれている場合など、高額査定を受ける事も在ります。
尚、切手の査定方法と言うのは、店舗で行う方法だけではなく、宅配便や出張サービスなどを利用する事も出来るため、自宅の近くにお店が無い場合でも、これらの買取り方法を利用する事で査定を受ける事が出来ますし、送料や出張費用が無料になっているお店を選ぶことで無駄な出費をせずに切手を買取りして貰う事も出来るなどお勧めです。

© Copyright Old Stamp Duty. All Rights Reserved.